Oppositions

Rezervare a hotelurilor în România

Echipa din spatele protravel.ro este mândră să prezinte un nou portal de turism, în creștere și îmbunătățire constantă, enumerând oportunități de vacanță extrem de diverse. Protravel este un instrument complex și eficient, atât pentru a găsi oferte convenabile, cât și … Continue reading

病棟で常勤ナース

子育てに理解がある職場というのは、ママさんナースが沢山働いているものなんだな、という事をつくづく実感しています。私が働いている職場には産休や育児休暇があるので、それを利用して、退職する事なく仕事に復帰したんですよね。私の職場には、ママさんナーズが2人しかいなくて、他はみんな独身なんです。師長も主任も独身です。ママさんナースが少ない職場って、本当に子育てに理解がありませんよ。上司である師長や主任からして、子育てに理解がないので、もう最悪です。(T_T)子供って急に熱を出したり体調が悪くなる事がありますよね。そんな時に休みの電話をすると、師長にため息をつかれるんです。><上司がそんな感じだから、他のスタッフも全く協力的ではありませんよね。例えば、保育園のお迎えに間に合わなくなるからという理由で、残業を断ったりすると、それはもう冷たい目で見られます。一番大変なのは、夜勤の日に子供の具合が悪くなった時ですよね。夜勤の時はシフトの交代が難しいので、かなりのひんしゅくですよ。(=Q=j やっぱり、子育てをしながら夜勤をするのは無理なんでしょうか?子育てと仕事を両立する事の大変さというのは、子供を持つ親じゃないとわからないかもしれませんよね。でも、同じ女性だから、それに、年配の女性なんだから、そのくらいの事は当然理解してくれてもいいと思うんです。もう、毎日こんな肩身の狭い思いをしているので、精神的に辛いんです。外来にはママさんナースが沢山働いているので、外来に異動したいと思ってるんですよね。他の病棟もこんな感じなんでしょうか?上司が子育てに理解があったら、病棟でも働きやすいと思うんですよね。育児支援があっても、職場が改善されなければ難しいです。

命を預かる仕事の大変さ

看護師の退職理由としてやはり妊娠を契機に一度退職するか働き続けるかで考える人は多いと思います。働く場所(病院、診療所・クリニック)や部署(病棟や外来)にもよりますが、看護師の女性は一般の女性に比べ流産しやすいと言われているからです。勤務形態も夜勤などあり不規則な生活リズムですし、業務内容も前かがみになったり、患者の移動や体位変換などがあるのでどうしても流産するリスクが本人が気をつけていてもなってしまうことがあります。夜勤中に必ず十分な休憩がとれるとも限りませんし、夜勤中に不穏になる患者もいて、お腹の子を出産するまで守れるか心配だという声も聞かれます。そのため、妊娠を契機に一旦退職するか、産休まで仕事を続けるか、産まれたあとは直ぐに復帰するか、育児休暇を取るか、子供がある程度の年齢になるまで職を離れるかと考えるので、人によっては子供を優先して、妊娠を境に退職する人もいます。昨今はマタニティハラスメントという言葉もあり、妊婦には働きづらい環境だったりもするのでしょう。様々なストレスを抱えながら産休まで働くくらいなら妊娠を機に一旦現場から離れるのは私は賛成です。せっかく授かった命ですから無事に出産して欲しいと思うのは他のスタッフの願いでもあるので、止めることはしません。看護師の資格は一度取得してしまえば、なくなることはありません。産後に育児が落ち着いて働きたくなったときに同じ病院や部署で働くことも可能ですし、別の環境で働くことも可能なのが強みといえるでしょう。最近はブランクがある看護師でも採用した際にブランクを取り戻すために研修を行う病院が増えています。そういったことからも復職はしやすいので妊娠を契機に退職するのはありだと私は思います。

麻薬外用

癌性疼痛に効果がある医療用麻薬には、注射や内服の他に外用薬があります。外用には、坐剤、パッチ、テープなどがあります。外用はアンペック坐剤や、デュロテップMTパッチ、ワンデュロパッチ、フェントステープなどの様々な外用薬があります。取り扱いは、他の医療用麻薬同様です(´・Д・)」処方箋を持って薬局へ行き、薬剤師と個数など確認しながら印鑑を押します。病棟に持ち帰ったら、金庫での保管になります。保管する際も、他のナースと一緒にダブルチェックを行います。病棟内で麻薬を管理する場合は、必ず毎日金庫内の麻薬の数を数えなくてはなりません。個数は各勤務帯で必ず確認します。使用する際も、やはりナース2人で確認します。パッチを交換、貼用の際には、パッチに交換日、交換時間を記載します。貼用する際は、皮膚の汗などをよく拭き取ります。基本的には、全部胸部から上腕に貼りますが、患者さんが剥がしてしまいそうであれば、手の届かない部位を選んで貼ります。交換する際は、はがした物をついつい捨ててしまいそうになりますが、麻薬のパッチは剥がした物も返却しなくてはならないのです。使い終わったパッチは剥がして金庫で保管し、麻薬返却伝票とともに薬局に返納します。万が一間違って捨ててしまえば、ゴミを漁ってでも探し出さなくてはならないので、大騒動になってしまいますね(;´Д`A麻薬のパッチも、内服薬や静脈注射同様の副作用があります。パッチを貼ったあとに、呼吸抑制はないか、意識レベルの低下はないか観察が必要です。また、便秘傾向になりやすいですから下剤などによる排便コントロールが必要ですね。パッチであっても、使用後数日は吐き気がみられることもあります。パッチを使用して痛みがどの程度軽減出来ているかフェイススケールでチェックをしていきましょうd(^_^o)

自分の親が認知症になったら

病院で働いていると、認知症の患者さんを沢山看る事になりますが、家族や身近な人に認知症を発症した人がいない事もあり、あまり切実には考えていませんでした。でも、同僚の看護師の母親が認知症を発症した事で、自分の親も認知症になる可能性が十分にあるんだ、と言う事を実感するようになりました。彼女は私と同年代なので、母親も、自分の母親と同じくらいの年齢です。彼女の母親は、数年前に脳梗塞で倒れて、それからはずっと介護生活をしているんです。看護師というハードで不規則な仕事をしながら、自宅に帰れば、子育てに家事、それに介護をしています。片麻痺が残っているので、トイレの介助が必要ですし、オムツ交換など、熟睡できる時がないと言っています。でも、父親がメインとなり、子供達も介護を手伝ってくれるので、なんとか看護師の仕事を続ける事ができています。ところが、少し前に認知症を発症した為に、介護がさらに大変になっています。認知症は、人格を変えてしまう事があります。温和だった母親が、性格が変わってしまって怒りっぽくなってしまい、口喧嘩が耐えないそうで、あまりにも喧嘩が大きくなると、家を飛び出してしまう事もあるようです。彼女の介護生活の話しを聞いて、本当に考えさせられました。自分の親はまだ若いから、なんて楽な気持ちでいる事はできません。認知症は誰にでも発症する可能性があり、一般的には65歳を過ぎた高齢者がかかると言われていますが、65歳未満の方でも認知症を発症するケースが増えています。若年性アルツハイマーの場合は、遺伝子が関与しているんです。その為、予防する事は難しいので、早期発見する事がとても大切です。早期発見すれは、早い段階で治療をする事ができますから、おかしいと感じた時には医師の診断を受ける事が大切です。

院内保育園

私が今の病院に転職した理由は、院内保育園があるからでした。最初に子どもを預けていた保育園が自宅からやや遠く、いつも送迎に時間がかかり、朝がとても忙しく、ちょっと残業になった時にも慌ててしまうことがあり、このままでは安心して仕事も続けられないし、私が忙しくしてしまうために、子どもにも余計なストレスを与えているような気がして、ちょうど職場もいろいろあって変えようかなと思っていたので、転職先は院内保育園がある病院を第一希望にしました。院内保育園に子どもをお願いするようになって良かったことは、送迎に時間がかからないことです。朝は一緒に同じ場所へ行けば良いので、子どもも離れ離れになるような寂しさがなく、ママ一緒に行こうね~と毎朝、楽しみにしてくれるようになりました。たとえ残業になっても、すぐに連絡して、保育園側もそのようなケースに慣れているので、とても柔軟に対応してくだり、精神的にもとても楽です。その上、保育料も安いんですよね。これはとても助かります。24時間対応なので、夜勤も安心して働いている看護師だけでなく、ドクターもいます。自分達が安心して仕事に集中出来ると、間違いなく、患者さん達にも良い看護医療サービスを提供できるので、転職して良かったな、と思っています。朝、忙しい時に、イライラしないように最近気を付けていることは、気分転換をうまくすることです。このイライラ感って、意外と無意識にどっぷり漬かりたがるというか、そういう中にいることで自分って可哀想、なんて思ったりすることもあるんですよね。でも、誰にもプラスにならないので、慌てそうになったら、一度トイレなど静かな狭い空間に身を置いて、目を閉じて、深呼吸するようにしています。最近読んだ本で、「下へ、下へ」と呪文のように唱えるだけでかなり落ち着くというのがあったんですよ。そんなことも試しながらの毎日です。

Kah Walla au cours d'une campagne

Kah Walla : « la population a peur de dénoncer Boko Haram»

C’est le constat dressé par le Cameroon People’s Party après une visite dans l’Extrême-Nord du Cameroun. Josiane Kouagheu Douala-Cameroun Dans l’Extrême-Nord du Cameroun, la secte islamiste Boko Haram multiplie les attaques terroristes. Des militaires camerounais, déployés sur le terrain, tentent … Continue reading

ブランク看護師

現在、看護師の資格を持っているのに、看護の仕事についていない、潜在ナースが沢山います。潜在ナースは50万人いると言われていますが、これも看護師不足に大きく影響していると思います。ブランクのある看護師は、そのブランクが長くなればなるほど、仕事に復帰するのが難しくなります。医療というのは日々進歩していますから、看護師として働いていたとしても、知識や技術を覚える為には勉強する必要があります。それなのに、現場を離れている状態だとしたら、なかなか知識や技術を勉強できるものではありません。特に、採血などの看護技術は、家での勉強はできません。このようなブランク看護師の為に、復職支援セミナーを開催している病院が増えています。復職支援セミナーでは、看護技術や知識など、数日かけて勉強する事ができます。それに、実際に現場に復帰した際に、不安がないように、プリセプター制度が充実している職場もあります。職場に復帰しても、何も分からないのに放置されてしまい、職場の雰囲気も悪く諦めてしまうケースが、実は沢山あるんです。でも、このように、セミナーを開催してくれて、プリセプターに指導してもらう事ができれば、仕事を一から覚える事ができますから安心です。プリセプターがついてくれる事で、職場の人間関係もスムーズになります。このような職場は、看護師求人情報サービスを利用すると、紹介してもらう事ができます。中途採用者の教育がしっかりしている病院を選べば、ブランクがあっても安心です。看護師不足を解消する為にも、このような支援体制が整っている病院が、もっと増えてくれる事を願います。一人でも多くの潜在ナースに、仕事に復帰してもらいたいと思っています。

子供が中学生に上がるまで検診派遣

私は、家庭と仕事を両立させたくて、結婚を気に病院勤務を退職しました。病棟で働いていると、夜勤もあって、時間が不規則ですよね。残業も多いし、私にはとても仕事と家庭を両立させる自信がありませんでしたね。それに子供ができたら、何かと手がかかりますよね。小さな子供ってすぐに体調を崩すから、急に仕事を休む事も沢山でてくると思ったんです。私は、子育てをする為に、検診派遣の仕事を選んだんですよ。夫の給料だけではちょっと厳しかったんですけど、それよりも、子育てや家庭のほうを重視させたかったんです。検診派遣は、土日、祝日が休みで、ゴールデンウィークもしっかり休む事ができるんです。4月から11月までしか仕事がないんですけど、子供の休みに合わせて働く事ができたんですよね。私は、子供を保育園に預けて働いてたんですけど、残業がなくて早い時間に仕事が終わるから、お迎えも余裕だったんですよ。だから、私と同じようなママさんナースが、沢山働いてましたね。子供が中学生になった時に、私は今の職場に復帰したんです。10年以上のブランクがあったので、仕事に復帰する時には、かなりの不安があったんですよね。それで、少しでもスムーズに仕事に入れるように、復職支援セミナーを受けたんです。病院の雰囲気や業務内容が良くわかって、この病院だったら大丈夫だと思って就職したんです。この病院は、ブランク看護師の為のプリセプター制度があるので、ブランクが長い看護師でも安心ですよ。ブランクが長い看護師が仕事に復帰する時には、復職支援が整っている職場を探す事をお勧めしますね。そのお陰で、私はブランクが10年あっても、無理する事なく仕事に復帰できています。

同期と自分

周りと自分を比べても仕方がない、自分の最善を尽くすことが大事だって思うのですが、やっぱり、自分ってダメだなぁと思うことがよくあります。私は、看護学校を卒業した後、附属の病院で働き始めたのですが、大きな病院だと覚えることが毎日、毎日山のようにあり、実習を受けた病院なのに、新しいこと続きでした。元々、覚えが遅いほうであることを自覚していましたが、現場ではスピードも大事。同期と比べると、いつも自分は仕事を覚えるのが遅く、遅いがために、周りに迷惑をかけたり、大事なことが抜けてしまったり、失敗の連続でした。同期でも、同じ看護学校を卒業した仲間もいれば、他の病院では准看護師として経験を積んだ後、正看護師として入ってきた方もいて、そういう方は、すごくテキパキとしていて、私が負担に思うようなことも淡々とこなしていきます。経験の差だと分かっていても、周りは“同期”として見るので、私の不出来が一段と目立つような気持ちになって、落ち込んでいきます。このままじゃいけないなぁと思い、よく話しをする先輩に相談したら、先輩も働き始めた頃はよく同期と比較しては、自分の出来にがっかりしたりしていたそうです。でも、それは若いからでもあって、経験が少ないからであって、当たり前のことなんだよ、と。若いうちは、みんな自分がダメかも、という不安を隠しながら働いているものだよ、今でも私は時々これで良いのか心配になるよ、と話してくれました。自分はもっと出来るはず、とどこかで思う気持ちが、余計に、自分を駄目だ、と思わせているのかなぁと思ったりしました。何事も経験あるのみ、日々の勉強をしっかりしながら、いつの日か頼られる看護師になれるよう、頑張っていきたいと思っています。